【紀州の梅干】【熊野古道からヒノキ材家具】【信楽焼き】etc・くらしを彩る【彩り屋本店】
熊野古道通販・信楽焼き通販・和歌山の梅干し・ヒノキ家具・彩り屋本店
お問い合わせフォームへ
TOP | 会社概要 | 送料/配送/返品 | お問い合わせ



熊野古道 中辺路 うた加楽衆 イメージソング

熊野古道ファン、マサオとシンヤが、語り部・ユウジロウさんとともに作りました。熊野の命のじゅうたんの話しを歌にしました。


風のつぶやき

作詞 上野正雄 しんや 小松勇二郎   
作曲 しんや

命のじゅうたんの中に感じます。私がいること。
限りなく小さな命の
限りなく大きな集まり。

あなたもその中のひとつ。
そっと耳を澄ましてみる。

「生きています」「生きています」胸の音が聞こえます。
「不思議だね」「不思議だね」そう思う自分がいます。

果てしのない時の流れを感じます。体のすべてで
山がある。雲の形見る。
道がある。踏みしめて歩く。

あなたもその中にいます。
そっと心を見つめてみる。

「生きています」「生きています」胸の音が聞こえます。
「不思議だね」「不思議だね」そう思う自分がいます。

「生きています」「生きています」胸の音が聞こえますか。
「不思議でしょ」「不思議でしょ」そう言って風がつぶやきます。

「生きています」「生きています」胸の音が聞こえます。
「不思議だね」「不思議だね」そう思う自分がいます。



熊野のファン、上野正雄より

※熊野を訪れて、
語り部の小松さんに話しを聞きました。
命のじゅうたんの中の
限りなく小さな命の 限りなく大きな集まりの話を聞き、
感銘を受け、共に熊野におとずれた友人、しんやとともに、
「風のつぶやき」を作りました。
2004年頃の小松勇二郎さんの手記
「風の語り部」熊野を語る
にインスピレーションをいただき、
敬意をもってこの歌を作りました。
「生きています」「生きています」胸の音が聞こえます。
「不思議だね」「不思議だね」そう思う自分がいます。

この「風のつぶやき」を聞いていただき、
熊野に語り部の話しを聞きにいきたいと思っていただければ、
幸いです。



COPYRIGHT(C)2012 irodoriya honten All Rights Reserved.



「風の語り部」熊野を語る

中辺路語り部 うた加楽衆 小松勇二郎

語り部と話す会話・・まるで禅問答

熊野ってどんなところ?
  「不思議なところです。」
何がありますか?
  「山があります。」
それだけ?
  「きれいな水もあります。」
何が見えますか?
  「自分が見えます」
何か感じますか?
  「果てしない時の流れを感じます。」
大勢の人が行くのでしょう。
  「大勢の人が来ます。」
にぎやかでしょう。
  「でも一人ひとりは独りです。」
ひとりぼっち?
  「でもさびしくありません。」
なぜ?
  「命のじゅうたんの中に包まれているのがわかります。」
命のじゅうたん?
  「限りなく小さい命の、限りない大きい集まり。
  あなたもその中のひとつ。」
神住む地と聞きました。
  「歩いてみてください。」
何か聞こえますか?
 「自分の心音が聞こえます」
生きているんだ。
 「生きていますね。」
不思議ですね
  「不思議に気付く、あなたの心が不思議です。」
いるんだ!わたし。
  「あなたが居ます。
  不思議を連れて行って下さい。」

見失ったら?
  「また来ればいい。」

聞き流せば風の音。
風の語り部。気付かなければお地蔵さん。

 





無農薬・無添加梅干し【熊野古道からヒノキ材家具】【信楽焼き】etc・くらしを彩る【彩り屋本店】
COPYRIGHT(C)2012 irodoriya honten All Rights Reserved.